自衛官も採用難!?

自衛隊でも人材不足のようですね。

防衛相が自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳まで引き上げたそうです。

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO35503810Y8A910C1EA1000/?gift=g2ls5bxvSFqjE0MjEyNjA1NTKkREI3ZKAyAQ.Bn2Tttfo

安倍首相は「少子高齢化という国難とも呼ぶべき社会構造の大きな変化に直面している」と言っていますが、まさにそのとおりで、この流れが急に変わることはありません。

記事中にある「若年定年制」の引き上げは、民間との人材の奪い合いが生じるだけで根本的な解決にはつながらないでしょう。

国内の生産年齢人口が減少を続ける限り、生産性を上げるか国外に労働力を求める以外の方法は思い当たりません。

自衛隊が外国人を採用することは有り得ませんが、民間企業は積極的に外国人の雇用を進めることで「国難」に立ち向かうことができますね。