働き方改革と人材不足

日本の働くひとの人数が減り続ける中で、働き方改革が叫ばれています。

 

仕事の効率化を図って、生産性を上げるのもひとつの方法です。

 

在宅でも仕事ができるようにしたり、短時間の勤務など多様な働き方ができる環境を整えるなど、これまで働くことに制約のあった人材をもっと活用するのも効果的ですね。

 

女性や高齢者そして介護が必要な家族を持つ方が、それぞれの生活スタイルに合わせて仕事ができれば、人材不足を少しでも補えるかもしれません。

 

それでも人材が不足するこれからの日本では、外国人が働けるようにするための、法律や制度の整備が重要になります。

 

日本の法律では「外国人は働いてはいけない」というのが「原則」だって知っていますか?

 

そんな中、政府は人材不足への対応で、現実的な方向にかじを切り始めています。

 

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO35015520V00C18A9MM8000/?gift=g2ls5br2xlqjE0MjEyNjA1NTKkZDNaa6AyAQ.ANUa3V6z

 

それでも外国人を雇用した経験のない企業が、今のまま外国人を受け入れたらどうなるでしょう。これまで多くの企業が準備不足のために、せっかく受け入れた外国人の雇用で失敗を繰り返しています。

 

この機会に社内の働く環境やルールを見つめ直すことで、外国人だけでなく、これまで活かしきれていなかった多くの人材から注目される企業になる。

 

人材不足をどう克服するかが企業の存続にかかわるこれからの時代、会社の成長を加速させるキーワードは「外国人が働きたい会社になる」だと思いませんか。